わたしの思い

画像の説明

人が集う、笑顔で溢れる
心のオアシスとなる住空間づくり。


はじめまして、
yamachikaの山本啓睦(やまもとよしちか)と申します。今回私のことを初めて知ったと思いますので、まずは簡単に自己紹介させてください。

私は左官職人になって今年で30年目になります。左官を始めたきっかけは、当時近所に住んでいた先輩が、「バイトに来ないか・・?」と声をかけてくれたことから。


それまでは自動車メーカーの工場で悶々と働く毎日でした。サラリーマンとしての将来に漠然とした不安を持ち、もっと自分が情熱をかけられる仕事があるのではないか・・・?


と探求していたとき、たまたま出会ったのが左官の仕事だったのです。こんな軽いノリで始めた左官仕事ですが・・・衝撃をうけてしまったのです!!「この仕事はおもろい!!」


まさに水をえた魚のように、毎日毎日、無我夢中で親方の仕事を見よう見まねで覚えました。こんなに楽しいと思えたのは野球以来はじめての体験でした。失敗の連続で歳月が過ぎていきましたが、気付けば30年が過ぎていました(笑)


今があるのはやっぱり親方のお蔭ですね。そんな親方から離れて、独立したのが平成16年の6月。37歳のとき、yamachikaとして開業。


左官の仕事は無から形を作り、いろんな表現ができるので本当に楽しい仕事です。私のような小さな左官屋でも、今の便利なインターネット社会では、お客様から直接ご依頼をいただき、お仕事をさせていただけるので、本当にありがたいことです。


伝統ある左官という仕事に誇りを持ち、後世につなぐ。僕たちが身につけている左官の技術を使って、すばらしい日本の文化を未来の子どもたちに、繋いでいくことに価値があると信じています。そしてそれが多くの人の暮らしを豊かにし、社会を進化させることにつながると思っています。

人が集う、笑顔で溢れる、心のオアシスとなる住空間づくり。そんなものづくりができる、心ある左官職人でありたいと思います。


「神戸で左官といえば、yamachika」今後ともyamachikaを宜しくお願いいたします。